×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
エストリーガルオフィスで闇金の相談

問題を早く解決しないと被害が広がっていく恐れが…

闇金
催促・督促をとめたい


ヤミ金は返済を続ける債務者を手放すことはありません!

闇金への返済が滞れば、会社や家に朝や夜の区別がなく催促の電話がかかってくるようになります。

取立てや催促は、司法書士などの専門家が介入すれば止まります。
なぜなら、専門家が介入したことを闇金へ電話で伝えるだけで、お金を請求をしても回収できない思うからです。
さらに、ヤミ金の携帯電話を突き止た場合、専門家に依頼していれば警察との連携によってヤミ金の使用する携帯電話を停止でき、銀行と連携すれば闇金が使用する口座を凍結することもできます。

このような対抗処置をとれるので闇金は最初っから勝ち目がないので諦めるのです。
よって専門家に相談してみることが解決への早道なのです。



もし、個人で警察へ被害を訴えたとしても基本的に民事不介入なのであまりあてになりません。
警察はヤミ金から借用書などの証拠がなければ、なかなか介入してくれないのです。

「しつこいヤミ金業者」に対しても、専門家に相談して介入さえしてもらえば、適切な対抗処置として警察に連絡して告訴することもできます。



●ヤミ金問題について

ソフト闇金被害

携帯電話を契約される

返済の義務はない?


一般的に、違法貸金業者(ヤミ金)が債権回収の方法に『裁判所からの支払督促』を使わないと考えられてきました。
しかし最近では、それを悪用する業者が増えています。
なぜなら裁判所からの支払督促を無視すると、債権者、つまりヤミ金の勝訴となり、強制的に支払わなければならなくなるからです。
いつものようにヤミ金からの催促だと思って無視をしていると大変なことになります。
この場合、異議の申し立てをおこなえば民事訴訟に移行します。そうなると、一般的にヤミ金の敗訴となります。
もし裁判所からの督促状が来た場合、無視をせず、すぐに司法書士、弁護士に相談しましょう。


ヤミ金に強い専門家

消費生活センターの相談先

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
エストリーガルオフィス

闇金の催促・督促をとめたい



税理士紹介